ゴールまでのルートは一つじゃない

私ごとですが、昨日誕生日で50歳になりました。

そしてもう一つ私ごとですが、先日取締役から昇進の内示がありました。

4月から部長としてやっていって欲しい、だそうです。

今までも管理職ではありましたが、部下のいない管理職でした。

管理職待遇と言えばしっくり来るのかな?

もちろん管理職なので上司に労務管理はされません。

出退勤なども申請すれば自動承認です。

ま、不正なんてしませんけどね。

 

発達障害があっても、自分は何が苦手か、何が出来ないかを自己分析して、行動を工夫する事で一般枠で働いてもちゃんと仕事の評価をして貰えると言う一例かと思います。

 

例えば遅刻しないようにアホみたいに早く家を出るとか、集中力が切れたら切れたで諦めて、手が止まってた分は早く出社して片付けたり、時には家で続きをやる事で期日には絶対に間に合わせる、みたいに。

もちろん職場環境によって出来る出来ないはあると思いますし、そう言う意味では自分は恵まれてるのかもしれません。

いくら工夫をしようにも、それが許されない職場環境の人もいると思うので、皆が皆おなじように出来る訳ではない事も承知してますが、発達障害だからと言って障害者枠でしか働けないとか、一般枠で入っても昇給も昇進もないなんて諦める事はないと思います。

 

働き方と言うか、ゴールまで到達するまでのルートやペースが違っても、定形発達の人達と同じゴールに辿り着く事は可能だと思います。