ADHDでも働いてます

ADHDなオジサンの日常

Apple CarPlayを導入してみた

今までカーナビは買った時についていたアゼストの古いナビをそのまま使ってました。

とにかく地図が古いんで載ってない道もあるし、iPhoneと繋いで音楽を聴くことも出来ないのでいずれ買い換えたいとは思ってましたが、正直カーナビって高いですよね。

実際のところiPhoneの地図アプリでも事足りるし。

って事で色々考えてみた結果、カロッツェリアApple CarPlay対応機種、FH-9400DVSの中古をメルカリで安く買いました。

 

Apple CarPlayとは、まさにiPhoneの地図アプリを車のカーナビとして使う為の規格です。

iPhoneApple CarPlay対応機器にLightningケーブルで接続すると、iPhoneの地図アプリがCarPlay機器の画面に移し出されます。

 

Appleの純正地図アプリ以外にもApple CarPlayに対応している地図アプリがあり、有名所だと

が対応しています。

早速これらをダウンロードして使い比べてみました。

Apple 純正地図

f:id:adhd-diary:20200613074405p:image

f:id:adhd-diary:20200613074800p:image

前々から思ってましたがAppleの純正地図アプリは配色や道路の太さなどが洗練されていてとても見やすいです。それはApple CarPlayでも同様。

ただしカーナビとしての機能は最小限で、特にルート検索時の複数ルートの選択が致命的にやりづらいしわかりづらい。

 

店舗のブランド別アイコン表示:◯

店舗のブランド別アイコン表示非表示設定:✖️

渋滞情報:◯

渋滞回避ルート:✖️

目的地周辺検索:◯

経由地追加:✖️

走行レーン案内:✖️

路線表示:△(一定間隔)

 

Google Maps

f:id:adhd-diary:20200613074453p:image

f:id:adhd-diary:20200613074730p:image

Google Mapsは、まず地図が致命的に野暮ったいです。交差点のフォントも必要以上に巨大だし、店舗もブランド別のアイコン表示は無し。

ルート設定時に経由地を設定出来る以外に特に特筆すべき点はないです。

ルート設定時の複数ルートの選択はリスト表示になっているのでApple純正地図アプリよりもわかりやすく選択しやすいです。

 

店舗のブランド別アイコン表示:✖️

店舗のブランド別アイコン表示非表示設定:✖️

渋滞情報:◯

渋滞回避ルート:✖️

目的地周辺検索:◯

経由地追加:◯

走行レーン案内:✖️

路線表示:△(一定間隔)

 

Yahoo!カーナビ

f:id:adhd-diary:20200613074542p:image

f:id:adhd-diary:20200613074704p:image

Yahoo!カーナビの地図もあまり綺麗とは言い難いですが、Apple純正やGoogle Mapsにはない機能としてルート設定時に走行レーンの案内が出ます。

ただし、地図が3D表示の時はヘディングアップ(進行方向が上)なのに2Dにするとノースアップ(北が上)になる謎仕様で、2Dでヘディングアップ表示する方法がわかりませんでした。

 

店舗のブランド別アイコン表示:◯

店舗のブランド別アイコン表示非表示設定:✖️

渋滞情報:◯

渋滞回避ルート:✖️

目的地周辺検索:◯

経由地追加:✖️

走行レーン案内:◯

路線表示:△(一定間隔)

 

カーナビタイム

f:id:adhd-diary:20200613111449p:image

f:id:adhd-diary:20200613074641p:image

月額600円とまぁまぁ高い課金を取るだけあって、カーナビとしての機能は他の追従を許さない出来です。

むしろカーナビタイムレベルで初めて市販のカーナビと勝負出来ると言っても過言ではないです。

Yahoo!カーナビでは簡易表示のレーン案内も都市部は実際の景色をかなり忠実にイラスト化したイラスト付き表示でわかりやすいし、「この先開かずの踏切です」とか、オービスマップや過去の速度取締り目撃情報を基にした「この先速度取締り地点です。スピードに注意してください」と言う音声案内も。

さらには到着地の天気予報まで案内してくれます。

ルート検索も渋滞考慮、横付け検索(目的地に左側から入れるルート)、最短距離でなくても普段よく使っている道を優先的に使う設定などもあります。

年額コースだと5700円ですが、10年使っても57000円。機器代が4万としても合計10万。その間、常に最新の地図データを利用出来ると考えたらそう高くもないのかな?って気がします。

30日間はトライアル期間として無料で使えますが、自分はトライアルが終わったら課金して継続利用するつもりです。

 

まとめ

カーナビタイムのヨイショ記事みたいになってしまいましたが、それくらい他のアプリとは機能面で突出しています。

カーナビタイムであれば、市販のカーナビと遜色ないどころか同等の機能と言えます。

お金を払いたくないならどれでも一長一短ですが、見やすさならApple純正地図アプリ、機能ならYahoo!カーナビが使いやすいと思います。

一番オススメ出来ないのがGoogle Mapsですかね。

 

補足

どのアプリも目的地検索でキーボードを開ますが、残念ながら日本語に対応していないようです。(英語と数字しかキーが出てこないし切り替えもない)

おそらくアプリじゃなく、Apple CarPlayAPIの仕様だと思います。

どのアプリもiPhoneCarPlayで連動しているので、iPhone上で目的地設定すればCarPlayでルート案内が始まります。

f:id:adhd-diary:20200613074845p:image f:id:adhd-diary:20200613074641p:image