キャンプギア紹介:ポール

ポールは二種類持ってます。

1つは

 

鹿番長の16mm x 1.8m。2000円ちょっとで買えます。安い割にガイロープとゴミ同然の使えないペグも付属してました。そんなの要らないからキャリングポーチを付けてくれと思いますが。

安いのは良いんだけど、チェーンタイプのショックコードで繋がってるので1本抜いて使うような長さ調整が出来ません。

初めて買ったポールなのでよくわからず、テントのポールのようにショックコードがあった方が楽で良いと思ったんですが、買ってすぐに「これのせいで長さ変えられないじゃんか」と気づきました。

タープ用のポールにショックコードは不要です。

 

鹿番長ポールを教訓に買い足したのが

Sutekusと言う聞いた事ない中華メーカー?のポール。

19mm x 1.9mで3000円ちょっと切るくらい。

アルミの19mmでこの値段は破格だと思います。

特に気になるレベルのガタもなく、品質はそう悪くはないと思います。

もう1セット買おうかな?

 

実際に使ってる様子がこちら。 

f:id:adhd-diary:20201009102825j:plain

テント側の赤いのが19mm、黒いのが16mmです。

チェアやテーブルがロースタイルなので、1.9mもあれば高さは十分。

2m以上だと太さも22mm以上あった方が良いのでその分値段も高くなります。

 

19mmのポールは真面目にもう1セット欲しいのでその内また同じのを買おうと思います。